ー甲斐健の旅日記ー

東寺/人々の救済に力をつくした弘法大師空海の思いがこもる寺院

 東寺(とうじ)は、正式な寺号を「教王護国寺(きょうおうごこくじ)」、山号を「八幡山(はちまんさん)」といいます。京都市南区にある東寺真言宗の総本山です。東寺という名は、創建当時から使われていたようで、通称というよりは、最も一般的な呼び名となっています。

 桓武天皇が平安遷都した頃、都の中央を南北に走る朱雀(すざく)大路の南端にある羅城門(らじょうもん)の東西に官寺(国立寺院)が造られました(延暦15年:796年)。これらの寺は、国家鎮護の目的で建てられたといいます。都の東に位置する東寺は現在も存続していますが、西寺は、度々の火災で焼失し、今は史跡となっています。

 弘仁14年(823)、真言宗の宗祖である空海(弘法大師)が、嵯峨天皇から東寺を託されました。この時から東寺は国家鎮護の寺院であるとともに、真言密教の根本道場となったといいます。空海はまず講堂を建て、綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)という学校や五重塔の建立にも着手しました。しかし空海が亡くなった後は、東寺は次第に衰退します。五重塔も、天喜3年(1055)、落雷により焼失してしまいました。

 鎌倉時代になると、弘法大師信仰が次第に高まってきました。そして、天福元年(1233)には、運慶の子康勝が弘法大師像を彫り、東寺の大師堂に納めたことにより、多くの庶民の信仰を集めたといいます。さらに、後白河法皇の皇女宣陽門院(せんようもんいん)が、弘法大師に深く帰依して荘園の寄進を行ったため、東寺の伽藍(がらん)は次第に整えられていきました。東寺で今も続いている儀式に、空海が今も生きているように毎朝食事を捧げる儀式(生身供:しょうじんく)や、毎月21日の空海の命日に供養を行う儀式(御影供:みえいく)がありますが、これらは宣陽門院が始めたものといわれています。

 足利尊氏も、東寺に本陣を置いたこともあり、これを保護しましたが、文明11年(1486)の土一揆(徳政一揆)によって、五重塔、大師堂を残し悉く焼失してしまいます。その後織田信長や豊臣秀吉および北政所の援助によって伽藍が再興されます。五重塔も、江戸初期に焼失しましたが、徳川三代将軍家光によって、寛永21年(1644)に再建され、現在に至っています。

このページの先頭に戻ります

 東寺へは、市バスだと京都駅から42系統に乗り、東寺東門前か東寺南門前で降ります。電車ですと、近鉄京都線東寺駅で降り、九条通りを西に数分ほど歩くと、南大門の前に着きます。

 九条通りに面した南大門をくぐると、金堂(こんどう)が姿を現します。その西側には、密教の奥義を師匠から弟子へ伝える儀式である伝法灌頂(でんぽうかんじょう)が行われる潅頂院や、弘法大師像を祀る御影堂(みえいどう:大師堂)、大日如来(だいにちにょらい)像を安置する大日堂などが並んでいます。金堂、講堂、五重塔のある場所は敷地が区切られており、境内の北側にある受付で拝観料を納めて中に入ります。

 まずは講堂です。講堂は、弘法大師空海が真言密教の教えを説き伝えるために、承和6年(839)に完成されました。当初の建物は、文明18年(1486)の土一揆で焼失しましたが、延徳3年(1491)に再建され現在に至っています。単層、入母屋造(いりもやづくり)本瓦葺(ほんがわらぶき)の建物です。講堂内部の見どころは、何と言っても、空海がその教えを多くの人々に伝えたいと願って作った「立体曼荼羅(まんだら)」でしょう。白亜の須弥壇(しゅみだん)上の中央には、大日如来を中心とした五智如来(ごちにょらい)、向かって右には慈悲によって人々を救済するという金剛波羅密多菩薩(こんごうはらみった ぼさつ)を中心とした五体の菩薩像、向かって左には、大日如来が、仏道に従わないものを懲らしめ、導き救済するために化身したとされる不動明王を中心に五体の明王像が安置されています。また、守護神として左右に梵天像、帝釈天像、四隅に四天王像が安置され、21体の彫像が、密教浄土の世界を私たちに見せてくれています。人々にその教えを理解させ救済したいという、空海の強い願いが込められているように感じます。なお、五智如来と金剛波羅密多菩薩は、室町から江戸期の作ですが、他の15体は平安時代前期の作と伝えられています。

 講堂の南に位置するのが金堂です。金堂は、空海が東寺に入ったころにはもう出来上がっていたといわれますが、やはり、文明18年(1486)の土一揆で焼失してしまいました。現在見る建物は、豊臣秀頼が、片桐且元に奉行を命じて造らせたもので、慶長18年(1603)完成といわれます。一重、入母屋造、本瓦葺で、裳階(もこし)が施されています。内部には、東寺本尊の薬師如来像、脇侍として日光菩薩、月光菩薩が安置されています。薬師如来像の光背(こうはい)には七体の化仏が配されています(七仏薬師如来)。また薬壺(やっこ)を持たず、台座の懸裳(かけも)の下には、薬師如来を守る十二神将(じゅうにしんしょう)がぐるりと並んでいます。この三尊像も、文明18年(1486)の土一揆で焼失し、桃山時代に仏師康正(こうしょう)によって復興されたものですが、オリジナルの作風をよく再現しているといわれます。

 境内南東にある五重塔は、空海が造営に着手してから四度にわたって火災で焼失し、現在のものは、寛永21年(1644)に、徳川家光によって再建されたものです。高さ55mで、国内の古塔では最も高いものです。この五重塔には、空海が唐より持ち帰った仏舎利(ぶっしゃり)が安置されています。毎年、春と秋に特別公開があり初層内部に入ることが出来ます。中央にある心柱(しんばしら)を大日如来に見立てて、周囲に他の五智如来坐像を安置しています。また、色あせてはいますが、周囲の壁や須弥壇の四天柱などには様々な仏画が描かれています。創建当時は、極彩色であったそうですが、今でも、室内余すところなく絵や文様であふれかえる密教空間が演出されています。

 東寺は、弘法大師空海が、密教の浄土の世界を人々に見せることにより、その教えを信心させ心の平安を与えるために苦心して造り上げた寺院だと感じました。その空海の思いは、今も東寺に漂い続けているような気がします。



このページの先頭に戻ります

このページの先頭に戻ります


追加情報


このページの先頭に戻ります

popup image