ー甲斐健の旅日記ー 北の大地・函館を訪ねて

北の大地・函館を訪ねて
ー戊辰戦争最後の戦いの地ー

 嘉永7年(1854)、徳川幕府は200年以上にわたる鎖国政策を改め、アメリカと和親条約を締結しました。このとき開港されたのが、伊豆の下田と北の大地・箱館(明治2年に函館に改称)の2港でした。以来函館には、外国の領事館が置かれ、教会や洋館などが数多く建てられました。現在でも、元町界隈には異国情緒あふれる街並みが残っており、港町函館とは違う一面を私たちに見せてくれます。

 また、元治元年(1864)には、中世ヨーロッパの城郭をまねた五稜郭が完成し、郭内に箱館奉行所が移転されました。箱館奉行所は、その後明治新政府に移管され、蝦夷地の行政の中心となっていましたが、明治2年10月、江戸から脱走した幕臣・榎本武揚や新撰組副長・土方歳三らの旧幕府軍により占拠され、箱館戦争の舞台となりました。榎本らは、この地で「蝦夷共和国」樹立を宣言しましたが、翌年5月に新政府軍の総攻撃を受け降伏しました(土方歳三は戦死)。五稜郭跡は現在公園となり、多くの市民の憩いの場となっています。また函館には、歴史にゆかりのある寺院もあり、見どころ満載の町です。

コラム1 幕末の「英雄」榎本武揚の評価が低いのはなぜ?
五稜郭 五稜郭
幕末の戊辰戦争の最後の戦い(箱館戦争)の舞台となった場所。現在は、函館市が管理する公園となっています。すぐそばにある五稜郭タワーの展望台から、五稜郭と函館市街が一望できます。
立待岬~碧血碑 立待岬~碧血碑(へきけつひ)
津軽海峡と函館市街を見渡せる立待岬から、箱館戦争で戦死した兵士を供養する碧血碑に至るハイキングコースです。
元町界隈 元町界隈
外国領事館跡や教会などの建物が今も残り、異国情緒あふれる街並みを満喫できる界隈です。
高龍寺 高龍寺
函館に現存する、もっとも古い寺院です。箱館戦争時には、日本最初の赤十字病院である箱館病院(院長・高松凌雲)の分院となっていました。
実行寺 実行寺
ペリーが函館に来航したとき、一行の宿舎となりました。また、フランス軍艦の水夫が疫病にかかって箱館に入港したときは、水夫のための養生所となりました。一時期、ロシアの領事館が置かれたこともありました。
称名寺 函館・称名寺
箱館戦争時には、新撰組残党の屯所となっていました。境内には、土方歳三と新撰組隊士の供養碑があります。
外人墓地 函館・外人墓地
遠く異国よりこの地に来て、母国に帰ることなく亡くなった人々の墓地です。プロテスタント墓地、カソリック墓地、ロシア人墓地、中国人墓地の四墓地があります。
トラピスチヌ修道院 トラピスチヌ修道院
函館市郊外にあるトラピスト会系の女子修道院です。美しく整備された境内を歩いていると、厳かな雰囲気の中で、心が安らぐようなやわらかい風を感じます。外界のことはしばし忘れて、余計なことは考えずに散策するのもよいかもしれません。